Chronicle

<< 岩代駅 - iwashiro station | main | 書類 - documents >>
ノーカーボン・ノーライフ - no carbon no life

ぼくの食生活はかなり無茶苦茶だといわれたことがあります。

実はぼく、お肉お魚お野菜も実はあまり好きではなく、「普段の食事なんて一汁一菜でいい」という考えに共感しながら実は汁も菜もあまり好きではない、スイーツ男子もとい中年というわけでもなく(チョコレートは好きだけれども、ケーキは食べない)、とにかく炭水化物に味がついていれば大丈夫という人種で、自宅の台所にも見たこともない調味料だけはあるけれども、それをつくって食べるものはおそろしく画一的で、たとえば「◯◯ライス(◯◯ハン)」「◯◯パスタ」「◯◯ポテト」。ぜーんぶ炭水化物がもとになっています。

おなかがぽっこりしてきたときに知り合いから勧められたのが低炭水化物ダイエットです。でも、炭水化物のない生活はぼく的にありえない(ぼくは「ノーカーボン・ノーライフ」と言っています。)ので、そのかわりどんだけ身体を動かさなければならないのかと頭をかかえてしまうはめになったり。

コメントする : comments(0)
コメント
コメントする