Chronicle

<< 中之条、六合 - nakanojo and kuni, gumma | main | 大熊猫 - giant panda >>
中之条ビエンナーレ - nakanojo biennale

 

群馬県で開催されている国際芸術祭・中之条ビエンナーレが今日閉幕しました。車を持っていないと全部回るのはかなり厳しいので、今回はバスツアーなどで部分的に拝見した限りですが、とても印象深い催しでした。
印象深い作品をいくつか紹介すると、ひとつは飴で作られた108の仏像。微かに甘い香りも放ちながら少しずつ溶けていくさまはとてもはかなくて、そしてぼくの心の奥からじんわりと溶けだすなにかを感じていました。

 


もう一つは使われなくなった小学校で展示されていたイスラエルとパレスチナの展示。モノクロームでつくられた独特の切り絵細工のモチーフはなんと戦闘機。20世紀のパレスチナをめぐる暗く恐ろしい時代を思い起こしながら無性に何かに祈りたくなったのですが、校舎の外はとても静かでそして平和で、いろんな花が咲いていました。

 


次回の中之条ビエンナーレは2019年の開催です。関係者の皆様、素敵な展示を見せていただきありがとうございました。

コメントする : comments(0)
コメント
コメントする









CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE